「寝不足がツラい…」子育て世代の最大の悩み/育児パパのススメ

220330_baby-sleep 育児

寝不足がツラい…」

育児世代の共通の悩みではないでしょうか?

 

とあるメーカーの調査のこんな結果があります。

・子育て中にストレスを感じることがあるママは9割以上
・ストレスの原因が寝不足であると感じているママは3割以上
・子どもの寝かしつけで苦労しているママは8割以上
・乳幼児を子育て中のママの平均睡眠時間は5時間未満が半数以上

ママのストレスの原因は睡眠不足?子育て中にストレスを感じることがあるママは90%以上! | ニュースリリース | ワコールニュース&トピックス

子育て中のママの大半が睡眠不足、ストレスを感じているのです。

 

子育てをしていく上で寝不足は避けられません。

しかし現状把握・原因分析・対策をすることで改善は待できます!

 

今回はそんな悩めるママ・パパのために、睡眠不足改善のために我が家でやっていることをご紹介させてください。

 
・7か月児のパパ
・スマートウォッチユーザー
・寝不足にお悩み中(特にママ)
・寝る時間の確保のため交代制導入!

こんな人に読んで欲しい
・睡眠不足にお悩みの子育て世代
・「時間が無い…」と悩むママorパパ
・寝れているのかよく分からないママパパ

育児パパ
育児パパ

睡眠不足も原因と対策が大事です!

育児世代の睡眠不足の原因【トップ2】

主に以下の理由で、育児世代の睡眠不足が発生しています。

原因①夜間睡眠の中断

夜間の睡眠が中断されることは、子育て中には避けられません。

産まれた頃は頻繁な夜間授乳。少し大きくなれば夜泣き。

 

また睡眠が中断されることで、その後も寝付きにくい状況が続きますよね。 

授乳終えてようやく寝たけど自分が寝れず、気付けばまた子供が起きてしまって…

というサイクルを繰り返していることもあると思います。

 

1歳前後で夜泣き等も安定してくるとはいいますが、そこまでがとても長く感じますよね…

220330_baby_sleep2

 

原因②家事・育児タスクの多さ

育児タスクは仕方の無いものとは思いますが、家事タスクも意外と多くなります。

夫婦二人暮らしの時には気にしていなかったことが気になります。

・洗濯 ←服を清潔に保ちたい
・掃除 ←子供を寝かせる床のホコリが気になる
・自炊 ←外出が減る

 

子供のためと思って家事の水準が上がっています。

育休のママも「家にいるから」と頑張り過ぎていませんか?

 

育児・家事タスクが意外と多くなり、余計に睡眠時間を確保しにくくなっていることがあります。

タスクが多い内はいつまでも改善は難しいです。

 

睡眠不足対策!育児世代向け【3選】

育児世代におすすめしたい睡眠不足の対策案です。我が家でも実践中の3選をご紹介させて頂きます。

 

家事の時短をする(時短家電)

夜や昼寝での睡眠を少しでも確保するため、家事を減らしましょう。

そもそも家事を頑張り過ぎないことが大事ですが、手を抜きすぎると部屋が汚くなったりしてストレスを感じることもあります…

 

そんな時こそ時短家電の導入のチャンス!

子供のためにお金の節約も大事ですが、時間の捻出も超重要です!

 

便利な時短家電は忙しい子育て世代こそ、使うべきだと思います。

 

睡眠時間を把握する(スマートウォッチ)

育児パパ
 

睡眠不足対策と関係ない…

いえいえ、そんなことは有りません。

 

原因分析には正確な現状把握が重要です。

 

つまりどれだけ寝れているのかを分かっておこうということ。

眠り始めた時間、起床の時間を自分で記録してもいいですが、やはり夜間の授乳などで起きることもあり、正確な把握は難しいです。

 

スマートウォッチ(スマートバンド)は、思った以上に正確な睡眠の記録を取ることが出来るんです。

寝た時間と起きた時間だけでなく、深い睡眠と浅い睡眠の割合等も。

 

また夜中起きたタイミングも分かるので、夜中授乳の時間もよく分かります。

 

 

育児家事の分散(ママパパで交代制)

「一緒に頑張る」のではなく

「交互に頑張る!」というイメージです!

 

パパとママで育児も家事も分散すれば、負担は軽くなりますよね!

その時注意したいのが、「平等」 とか「 役割」にこだわらないこと。

 

授乳となればママの出番が多かったり、パパは仕事があったりと出番に偏りが出てしまうのはどうしようも有りません。

 

また眠たくてしんどい時もあれば、元気な時あります。

そういうときはどちらが頑張れば意外と成立します。次の日に逆転したらお返しに頑張りましょう

 

我が家では夜に同室で寝るのを、曜日によってパパ・ママで分担しています。

平日はママにお願い、週末はパパというようにです。

 

担当じゃない方は別部屋で思いっきり寝るようにしています。

次の日任せて!という感じです。

220330_baby_sleep3

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・スマートウォッチで正確な睡眠分析
・時短家電で家事タスクを減らす
・育児家事の交代制

あくまで我が家のご参考ですが、導入するだけで少しでも効果は期待できますよ!

睡眠不足は最大のストレスになるので、改善して心安らかな気持ちで子供と接してあげたいですね。

育児パパ
育児パパ

睡眠不足改善は全てに良い影響します!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました